和歌山県土地改良事業団体連合会 水土里ネット和歌山
<><><>
新着情報
土地連の紹介
沿革、目的、性格
組織、機構
会員
事業概要
研修会情報
土地改良工事標準積算システム
水土里情報利活用促進事業
水土里情報活用推進協議会
調査設計事業
土地改良施設維持管理適正化事業
案内図
その他の活動
農地・水・環境保全向上対策
水土保全強化対策事業
21世紀土地改良区創造運動
農村災害ボランティア
リンク
トップページへ戻る
 

土地連の紹介

沿革、目的、性格

沿革

 
円筒分水
昭和32年4月20日法律第69号で、土地改良法の一部改正があり、同法第4章で土地改良事業団体連合会の規定が法制化されたことから、従来の耕地協会を発展的解消し、昭和33年5月28日設立総会を行い同年6月1日より発足(設立認可:昭和33年7月29日付け農林省指令33農地第2470号)し、今日に至っています。

目的

本会は、土地改良法の定めるところにより土地改良事業を行う市町村、土地改良区、土地改良区連合を会員とする法人であり、土地改良事業の適切かつ効率的な運営を確保し、その共同の利益を増進するとともに、国、県の事業に対する協力を目的としております。

性格

土地改良事業団体連合会は、土地改良法第111条の3により法人とされています。その法律的性格は公益的な目的、事業内容に照らして土地改良法という特別法の定める所により設立が認められる「公法人」です。また、税法上(法人税法第2条、所得税法第11条、印紙税法第5条)では、営利を目的としない公益法人等に位置付けられています。
△先頭へ
 
   
  Copyright(c)2007 和歌山県土地改良事業団体連合会.All Rights Reserved.