1月24日(木)、和歌山県と和歌山県土地改良事業団体連合会の主催により、紀南文化会館において、「2019語り部交流会inわかやま」を開催し、約300人の来場者で会場は埋め尽くされました。
 本交流会は「地域の「絆」が育んだ持続的農業」をテーマに梅と日本人の関わりにスポットを当てたものです。
 講演では、ネイチャー・フォトグラファーの内山りゅう氏より「梅が醸し出す美しい景観」と題してみなべ・田辺地域における農村景観、生物多様性、地場産業や梅農家の営み等が紹介され、続いて、語り部・かたりすととして活動している平野啓子氏より、「『梅と日本人との関わり』~里山が育み、人がつなぐ、梅づくり~」と題し、古来より伝承さている梅の効用、万葉集等で読まれてる和歌の朗読、地場産業の状況、梅と日本人との関係について紹介されました。
 その後、平野啓子氏をコーディネーターとして、「地域の「絆」とひらかれた農村」と題し、5名のパネラーによる語りフォーラムがパネルディスカッション形式で行われました。
【語りフォーラム出席者】
   コーディネーター:平野 啓子 氏
   パネラー:    内山 りゅう氏(ネイチャー・フォトグラファー)
                             石神 忠夫 氏(紀州田辺観梅協会 会長、みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会 委員)
                             松川 嘉之 氏(南紀用水土地改良区 理事長)
                             二葉 美智子氏(受領梅遊びグループ)
                             横井   績  氏(農林水産省農村振興局整備部 部長)
 内山氏からは、みなべ・田辺地域の農村景観や地域資源、農家の寛容さ、地域の魅力発信について紹介があり、石神会長からは、地域の特長を生かした観梅事業の取組や今後の展開、世界農業遺産認定に向けた取組について語られました。
 松川理事長は、南紀用水土地改良区の事業概要や発電事業への取組等について紹介し、受領梅遊びグループ二葉氏からは都市農村交流の取組や梅の古木を染料としての活用、梅の消費拡大に向けたレシピの開発や販路の拡大についての意欲が語られました。横井部長からは「果樹農地を支える取組」をテーマに、新田開発・農地造成の歴史、農業用水の歴史などについて、また果樹農業の未来について語られたところです。
 最後に平野氏が「古来より日本人に親しまれてきた梅、その梅の日本一の産地を育んできたのは、地域の資源、自然の力を巧みに利用した先人たちの知恵と譲り合いの精神が今も根付いているこの地域の「絆」であったことを知ることができ、世界農業遺産にも認定されたこの地は、自然と共生するとともに地域で助け合いながら、少しずつ梅の一大産地を築いてきた。また、現代社会では人々の「絆」、地域の「絆」が失われつつあるが、この地では「絆」を大切に持ち続けており、さらに、現代に相応しい開かれた農村への取組み、外部の人々との交流から、新しい絆がつくられようとしていることに感銘を受けた。」とまとめ、最後に和歌山県土地改良事業団体連合会の高瀬常務理事による閉会挨拶で締めくくり、盛況の内に閉会しました。